Author: admin | Date: 2014年12月5日 | Please Comment!

防犯カメラは監視カメラとも言われるセキュリティシステムです。名前の通り、防犯や監視、さらに防災や研究用に設置されています。防犯目的としては、小売店、金融機関、コインパーキングなど、お金を使う場所に設置されています。監視目的としては、人口密集地(都会、繁華街)、不法行為多発地域、空港や駅、一般人が入れない原子力発電所、研究所、工場などの危険な施設に設置されています。防災目的としては、河川、山、海などに設置され、自然災害が起きないよう監視しています。情報番組の気象情報などで中継される固定映像は、防犯カメラの映像が使われていて、こうした目的の場合はライブカメラという名前で呼ばれています。セキュリティシステムは家電量販店やホームセンターでも販売されているので、防犯のために個人宅に設置する人も増えています。抑止力になる一方、被写体の情報が流出するおそれもあり、プライバシーの侵害に抵触する可能性もあるので、プライバシー保護に配慮した運用が重要となります。

防犯カメラで安全な毎日を

会社や銀行やお店など、人の出入りやお金の取り扱いがあるような場所では防犯カメラは当たり前のように設置されています。ただ、最近では道にもカメラが設置されている場所が増えています。最近は日があるうちでも危ない事が多いので、そういった対策は必要なのだと思います。一方で、プライバシーの侵害だと叫ぶ人がいますが、自宅の中をカメラで映し出されているのならまだわかりますが、道路は公共の場であり、その場でプライバシーの侵害を訴えるのは少しお門違いな気もします。それを言い出すと通りすがりの人すら訴えなければならなくなるでしょう。それよりも、防犯意識を高めたり、抑止力の効果の方が期待できるため、できる限りカメラは色々な所に設置してもらった方が日々安心して暮らせるのではないかと思います。安全な毎日を贈るために必要なことはするべきだと思います。

防犯カメラを設置すると安心

お店などいつどこで狙われるのかわかりません。そこで防犯カメラがあれば、しっかり人がいないところでも守ってもらえると思います。特に夜など仕事が終わったときには誰もいないところに泥棒が入るかもしれません。そこでしっかりカメラが設置されていると守ってもらえるのです。最近ではお店や施設だけでなく個人の家でもカメラを設置するようになってきています。そして今はどこにいてもカメラの映像を確認することができるのです。なんとスマホだったり、家のパソコンなどでもカメラの映像をみることができるようになっています。そんな便利なカメラ似なってきているので旅行に行ったりしたときにも心配な時に確認できるのです。また共働きなどをしていると家にいつも昼間はだれもいないので狙われやすいと思います。そんな時でもカメラが設置されていると守ってもらえるのです。

ターゲット層は防犯設備の導入をお考えの方で、防犯・監視カメラを中心とした防犯設備の販売を行っています。 サービス概要は、防犯カメラや監視カメラなどを取り扱っていて、監視システムの構築から設置工事までおこなっています。 数多くの企業様や官公庁様への納入及び施工実績があります。 ご家庭用から業務用まで幅広くご利用いただける防犯カメラ、監視カメラ製品を取扱いします。 防犯カメラの事なら当社にご相談ください。